時価総額が何かも知らずに瀧本ゼミに入った結果

藤田健司さん 東京大学経済学部金融学科3年(インタビュー当時)

今回お話を伺うのは、企業分析パート副代表(当時)の藤田健司さんです。
藤田さんは瀧本ゼミ政策分析パートにも所属されていますが、政策分析パートも知る藤田さんの目には、企業分析パートがどのように映っているのでしょうか?

瀧本ゼミ政策分析パートもあるよ
https://t-semi.jp/

入ゼミしてよかった3つの理由

——まず藤田さんは、政策分析パートより先に企業分析パートに入ったんですよね。

「というより最初は政策の存在を知りませんでした。企業に入ってから、興味がわいた政策にも入りました」

——なるほど。すっかり瀧本ゼミに浸かっている印象ですが、入ゼミしてよかったと思うことは何かありますか? 企業・政策問わず。

「3点あります。
1つめは、プレッシャーを掛け合える仲間が集まっていることです。
圧倒的に強い企業を作りたいとか、日本の教育を変えたいとか、既存企業を再生したいとか、OB・OG・現役生問わず大きな志を持った人が多く、彼らが出した結果に触発されて俄然やる気が出ることがよくあります。
2つめは、忌憚のない議論ができることです。
本当は疑問に思ったり上手くいかないんじゃないかと感じたりしたけど、相手が友達だから遠慮して言わなかった……という経験ありませんか? 瀧本ゼミではそういう忖度はしなくて問題ありません笑。議論ではきちんと人格と成果を分けて、成果に対して徹底的にフィードバックします。学生のうちからなかなかそういう環境はないんじゃないでしょうか?
3つめは、仮説検証能力を鍛えられることです。
これも、なかなか良い環境がないとできないことかと思います。このトレーニングを繰り返すことで、「インパクトがある重要な部分はどこか」にうまくあたりをつけられるようになる気がします。これは僕もまだまだ修行しなければいけない部分です!

企業分析の醍醐味

——入ゼミしてよかった理由は、企業と政策どちらにも当てはまりそうですね。

「はい。扱う題材は違いますが、本質的には同じトレーニングをしていると思っています」

——なるほど。では企業に絞って、企業分析のよさ、みたいなものはなにかありますか。

「人によって意見はあると思いますし、場合によってはゼミ内からも反発があるかもしれませんが笑、僕にとっての醍醐味は、自分の身の回りからいかに人より早く変化に気づくか、ですかね」

——というと?

「例えば投資をテーマにしたとある漫画があるんですが、その中で主人公が、マヨネーズの口が大きくなったことに気づいて、消費量が増えてマヨネーズ企業の売上が上がるんじゃないかって予想して計算するシーンがあるんですよ。
それからまたとあるドラマでは、投資家がハンバーガーを集めさせて、何をするのかと思ったらハンバーガーに載ったゴマを見て、「ある地域で来年虫による数百年に一度のゴマの大不作が起きる可能性が高いため、その被害がない特定の生産地域にゴマの買いが集中するので今そこの格安のゴマを買っておけば利益が出る」という推測を立てていました。
こんな感じで生活の中とか、あとはTwitterとかから、投資の発想を考えるのがおもしろいですね。まあ大概インパクト小さいとかとっくに誰かが気づいているとか、そういうのばっかりで気落ちしますが笑」

——でもたしかに情報に対する感度は高まりそうですね。

卒ゼミ生の進路は金融系だけじゃない!

——ところで先ほどの引用は漫画とドラマからでしたが、藤田さんはそういったメディアコンテンツが好きなんですか?

「はい。将来もコンテンツに関わりたいと思っていて、今脚本の勉強をしています」

——そうなんですね。企業分析サークルだと、てっきり投資銀行とかファンドとか金融系の進路が多いのかと思っていましたが。

「多い気はしますが、そればかりでもありません。起業した人もいますし院進も弁護士志望もいます。汎用性高めの力をトレーニングしているので、将来が金融と関係ない人でもオススメできるサークルです!」

——なるほど。では最後に新入生に一言お願いします!

「投下した時間分だけ線形的な成長が待っているとは保証できませんが、粘り強く、どんな理由であれ株式投資にハマってリサーチし続ければ、必ず得られるものがあります。意欲溢れるあなたの入ゼミをお待ちしています!」

瀧本ゼミ企業分析パート9期生のES提出はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です