瀧本ゼミで1年を過ごして感じる変化

小山賞馨さん 東京大学理科I類1年(インタビュー当時)

今回お話を伺うのは、企業分析パート8.0期(当時)の小山賞馨さんです。

山口県から上京し、最初の1年間を瀧本ゼミで過ごした小山さんの目には瀧本ゼミ企業分析パートはどのように写っているのでしょうか。

入ゼミした理由

——小山さんは何がきっかけで瀧本ゼミ企業分析パートへの加入を決めたんですか。

「最初は『投資とかよく知らないけど面白そうだな。それに将来的な資産運用を考えると必要かもしれないな。』みたいなノリで新歓説明会に行きました。そこで当時のゼミ生がしていた発表やゼミ生が入れる質問のレベルが高くて本当に驚きました。そこで自分もこんな発表してみたいと思いました。これが1つ目のきっかけです。」

「もう1つのきっかけはゼミの面接で人生初めてのフェルミ推定をしたんですがその時のゼミ生のツッコミがかなり厳しかったことです。山口県から上京してきたばかりの私にとって自分の論理を即時に理解した上で厳しい指摘をされ、それに答えるみたいな経験は経験がなく、かなり刺激的で楽しいものでした。この時に『絶対このゼミに入りたい』と思いました。」

——瀧本ゼミは期待通りのゼミでしたか。

「期待以上でした。議論のレベルも新歓の時より通常の活動の方が低いなんてことはなく、むしろ高いくらいでした。毎週人格から切り離された次元で高いレベルの議論を交わせるのですごく楽しいです。実は想定外の収穫もありました。ゼミ生から与えられるピアプレッシャーです。ゼミ外で成果をどんどんあげていくゼミ生が『自分も成果をあげなければ』という強いピアプレッシャーを与えてくれます。」

ゼミに入って変わった価値観

——入ゼミして変わったことは何かありますか。

「1番変わったのは価値観ですね。高校生の頃の自分と今の自分では大きく変わったと思います。」

——具体的にはどんな変化がありましたか。

「より資本主義的な価値観になったと思います。高校生の時には少数派でありたいという考えと多数派が勝つという民主主義的な考え方が自分の中に同時に存在し、混ざり合っていました。瀧本ゼミに入って約1年が経ち、正しい少数派になることが大事であり、少数派が多数派になる瞬間、その正しさが示される瞬間に大きな価値が生まれることを体験的に学びました。」

——逆に変わらない価値観はありますか。

「少数派であり続けたいという価値観です。高校の頃は明確に少数派でありたいと言語化できてはいませんでしたしその理由も明確に説明できず、単に普通になりたくないと思っていました。この価値観が瀧本ゼミに入って学ぶ中でより明確に言語化されました。」

ゼミ以外の活動で生きるゼミでの学び

——ゼミで学んだことはゼミの外での活動に何らかの影響を与えましたか。

「僕は瀧本ゼミの他にUTFRという団体にも所属しており、石垣島などの東大にいく人がほとんどいない環境で東大を目指す高校生と話す機会があります。彼らの置かれた環境において東大を目指すという行動は少数派になるということです。彼らやその周りにいる学生、保護者に対して少数派であることの重要性、意義を伝えることができます。」

「また、自分の将来を考え、そのために大学生活において何をすべきかを考える上で重要な指針となっています。社会に出ても常に少数派でありたいと考えています。」

——他にゼミでの学びで生きていると感じるものは何かありますか。

「『学び』というのが適切かはわかりませんが、ゼミで知ることでプラスになっていると思うものがあります。最初に書いたこととも重なるのですが、同じゼミに所属している人やゼミのOB、OGがその力に慢心することなく進み続け、結果を出し続けているという事実です。この事実は私に常にピアプレッシャーを与え、苦しい時にも前に進み続ける原動力になっています。」

——なるほど。では最後に新入生に一言お願いします!

「共に議論を交わし、ピアプレッシャーを与え合うことのできる方の入ゼミを楽しみにしています。」

【2020年秋新歓】エントリーシートはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です